二風谷イタとは

一枚に広がる
華麗な文様の世界

 おもに平取町二風谷地区で、伝統的技法で作られている木製のお盆を「二風谷イタ」と言います。素材はカツラやクルミなどで、平面にモレウノカ(うずまきの形)、アイウノカ(トゲのある形)、シノカ(目の形)、ラノカ(ウロコ文様)などのアイヌ文様が隙間なく彫り込まれています。とくにラノカは、二風谷イタには必ず使われる文様で、文様と文様のあいだのスペースをラノカで埋めるようにデザインするのが大きな特徴です。
 二風谷イタの歴史は古く、食べ物を盛るものとして生活の中で使われていたほか、幕末には沙流(さる)川流域で作られた半月盆や丸盆が幕府への献上品だったことがわかっています。明治時代に入ると、貝澤ウトレントク、貝澤ウエサナシという名工たちが、この地域独自の文様を彫り込んだイタや小物を制作し販売を始めました。その確かな技術は、現代のつくり手へと継承されています。

製造工程

1. 底取り

荒削りした板の内側を皮裁ち包丁で同じ深さに削って、彫る面を整えていきます。
内側の縁のラインも丸ノミで美しく仕上げます。

2. 裏面仕上げ

裏面の角を面取りしていきます。
これで板の形取りが完成です。

3. 文様削り

文様をデザインし、そのラインに沿って三角刀で線取りをしていきます。
次に丸ノミで彫り下げ、立体感と陰影を出していきます。

4. 二重線彫り

文様のラインをさらに加え、彫りの表情を豊かにしていきます。

5. ウロコ(ラノカ)の線入れ

モレウノカ(渦巻)やシノカ(目の形)のあいだを埋めるように、木目を縦方向にして、印刀でウロコの文様となる枡目を引いていきます。
このウロコ彫りをひとつの作品に多用するのが、二風谷イタの特徴です。

6. ウロコ(ラノカ)の起こし

印刀の裏刃でウロコを一つひとつ起こしていきます。
枡目の半分が削られることになります。
ウロコの面積の大きさと独特の表情が、二風谷イタならではの表情をつくります。

7. 仕上げ

細部の調整をして完成です。